誰でも自作のものを販売すれば、販売する人は作家さんになることができる!

全国各地で行われている、フリーマーケットやイベントですが、そこで販売されている品物の質がおしゃれで可愛い!と感じたことはありませんか?もちろん昔ながらのガラクタ市のようなイベントも少なくありません。しかし最近では、規模は小さいながらもおしゃれで定期的に行われるイベントが増えてきているのです。
そこで感じた疑問、それが販売している人が、何かの作家さんだということ。作家さんと呼ばれる人は増加傾向にあり、だれでも作家さんになることはできるの?稼ぐことはできるの?といった謎をここでは紹介していきたいと思います。

特技を生かして作家さんになる

作家さんと呼ばれるとなんだかくすぐったい気持ちになるかもしれませんが、それ以外の呼び名は当てはまらない気がします。自分の特技を生かして作成したもの、例えばバックや小物、アクセサリーなどですが、オリジナル性を出して丁寧に作成し、それを販売し収入を得る。そのような仕事をする人を作家さんと呼びます。
以前は店舗で販売するしかありませんでしたが、現在ではフリーマーケットのようなイベントやネットでの販売も可能です。そのため多くの人の目に留まり、自分の作ったものを発信することができるようになってきているのです。

作家さんは努力次第で稼ぐことができる

趣味の延長で制作を行うというときには、それほど収入を気にしないかもしれません。しかしながら、それを仕事として行う場合には、やはり収入は大きな問題になります。
作家さんというのは、材料を仕入れ、制作したものを販売するという方法で利益を得るのですが、ただ販売するだけでは利益はとても少ないのでやはり収入を伸ばすための努力をすることが重要です。

    例えば、

  • 定期的なイベントに参加して作家としての知名度を上げること
  • ネット販売を駆使すること
  • イベントの際には、体験などを含め単価を上げること
  • など。そうすることによって、単に自分の制作したものを販売するだけではなく、付加価値を高めて利益を伸ばすことを期待できるのです。

    頑張れば頑張るだけ道は広がる

    好きを仕事にすることって、楽しい反面利益が伴わなければとてもつらい仕事になってしまうこともあります。そのためできる限り成功を目指したいですね。そのためには、こだわりを活かしつつ、丁寧な仕事を心掛けていくこと。知名度を上げて固定客を付けることができるように販売ルートの獲得をすることが大切です。
    頑張れば頑張るだけ結果がついてくるので、作家のやりがいを見いだせるのではないでしょうか。