任意整理と過払い金請求はどう違うの?手続きの流れが似ているから意外と間違えやすい

返済が苦しい状況になった時に、任意整理を行おうとすると思わぬ所で過払い金が見つかることがあります。
取引開始日が2010年6月以前から使用しているクレジットカードやカードローンならば、過払い金が発生している可能性があるわけです。

任意整理はあくまでも債権者との個別交渉

任意整理は返済が苦しくなった時に、元金はそのまま返済するけれども将来利息と遅延損害金を減額または免除してもらうための任意交渉です。
個人が任意整理を行おうとしても債権者は相手にしてくれないので、金額に合わせて司法書士または弁護士への依頼が必要となります。

任意整理と過払い金請求は残債の有無で決まる

任意整理と過払い金請求は、債務調査を行い金利引直計算を実施しなければ完済済みの借金でも無い限り弁護士でも分かりません。
同じ手順を踏んで行う債務調査の結果により、次のような切り分けが行われます。

  • 金利引直計算を行い残債が無ければ過払い金請求
  • 現在使用中のクレジットカードに残債があっても、過払い金と相殺した結果として残債が無くなれば差額を過払い金請求出来ます。

  • 金利引直計算を行い残債があれば任意整理
  • 金利引直計算を行って現在の残債と過払い金を比べた時に、相殺しても残債が残るなら任意整理となって個人信用情報機関へ任意整理の事実が記録されます。

  • クレジットカード会社の統廃合に注意しよう
  • カード会社の統廃合が進んでいるので、任意整理や過払い金請求をしただけでグループ企業のクレジットカードは止まります。

債務調査を済ませてから過払い金請求と任意整理を判断する

債務調査を行うことは、司法書士や弁護士に任せれば速やかに行ってもらえます。
司法書士は140万円以下という制限があるので、最初から任意整理を行う金額が大きいなら弁護士への依頼が望ましいです。

債務調査は専門家であっても行ってみなければ分からない

任意整理を依頼する人の多くが、過去の取引履歴を全て厳密に整理して保管していることは珍しいです。
なぜなら、潔癖症に近いほどしっかり管理しているならば、そもそも任意整理を検討する状況には陥らないからです。
債務調査を行った結果として、金利引直計算を済ませた時に残債額が少ないならば残債額を過払い金が上回る時点で過払い金請求を行う方法があります。
任意整理は個人信用情報機関へマイナスとなる記録がされますが、過払い金請求ならばペナルティーはありません。

任意整理と過払い金請求は債務調査から始まる

任意整理と過払い金請求は、取引履歴が長いほど債務調査の過程で金利引直計算が必要になります。
金利引直計算を行った上で、任意整理が必要ならば実施するという方法なら、慌てずに慎重な対応が可能です。
任意整理と過払い金請求は、相殺処理した後に残債が残るかどうかで決まると考えれば分かりやすいです。