クリエイター達が煮詰まった時に行う気分をリフレッシュさせる方法を紹介

絵画や音楽、小説など多くのクリエイター達は日々創作活動に励んでいますが彼らも人間なので、作業が煮詰まってしまう事があります。
そんな時には気分をリフレッシュさせるのが一番ですが、クリエイター達はどんな気分転換方法を実行しているのでしょうか。
今回はクリエイター達が行っている気分転換方法と、実際に行う時のコツや効果をご案内したいと思います。

クリエイター達の気分転換方法1:周囲を歩き回る

クリエイター達は仕事柄ずっと椅子に座ってパソコンの画面とにらめっこ…という状態も少なくありません。
そこで気分転換の一環として、周囲を軽く歩き回って体を動かす事がよく行われています。

血液を体中に循環させて頭がすっきりできる

長時間座りっぱなしの作業ですと体中の血液の循環が悪くなり、頭の動きが鈍ってきます。
軽く歩き回るだけでも血液の循環は良くなるので、頭にも血液と酸素が回り気分がスッキリできるのがメリットです。

クリエイター達の気分転換方法2:読書をする

作業が煮詰まってしまったら、一旦作業を切り上げて読書をするクリエイターも少なくありません。
これは今まで取り掛かっていた作業の事を頭から追い出し、気持ちを入れ替える為に行っております。

読書は小説を選ぶのがおすすめ

読書の際に読む本は漫画や雑誌ではなく、文字だけで書かれた小説の方がおすすめです。
文字をひたすら読むという単純作業なので集中しやすく、文字からイメージを膨らませるので仕事の事を忘れる事が出来ます。

クリエイター達の気分転換方法3:家事をする

自宅で創作活動を行っているクリエイターは、作業が煮詰まった時に家事をする方も少なくありません。
周囲を歩き回るのと同様に、家事で体を動かすので血液が頭に回るというメリットがあるのです。

同居している家族からの評価も上がる

仕事の合間に家事をすると、同居している家族からの評価も上がります。
仕事の合間に家事をするクリエイターの旦那様は気分転換のつもりでやっているのに、奥様の負担が減り喜ばれた…という事例もあります。
家事は、気分転換と家族の評価の上昇と一石二鳥が狙える気分転換方法なのです。

クリエイター達の気分転換方法4:いっそのこと寝る

どうにもならない時のクリエイター達の最終手段として「いっそのこと寝る」という方法があります。
決して投げやりになった訳ではなく、頭がオーバーヒートした状態を冷まして体も休めるので実はかなり論理的な気分転換方法です。

寝過ぎには注意しよう

煮詰まった時の対処法としての睡眠は、決して悪い方法ではありませんが寝過ぎには注意しましょう。
気分転換のつもりで仮眠を取ったらしめきりに間に合わなくなった…となると目も当てられません。
思いっきり寝るのか、数時間程度の仮眠なのかスケジュールを立ててから眠ると良いでしょう。

根を詰め過ぎないのがポイント

クリエイターも人間なので作業が行き詰ったり、手が止まってしまうのもよくあります。
大事なことはそこで自分を根を詰めすぎず、リラックスした状態に仕切り直し創作活動を行っているという事です。
今回紹介したクリエイター達の気分転換方法は、誰でも出来る物なので仕事の合間の気分転換の際には是非実践してみて下さい。